キャッシングの限度額と年収による総量規制の関係に迫る

キャッシング,限度額,年収

キャッシングの限度額の決め方は業者によって大きく異なりますが、その中で数少ない共通点となっているのが総量規制の存在です。

 

では総量規制と限度額にはどういった関係があるのかと言うと、これは総量規制が「消費者に対する消費目的融資は年収の1/3以下とする」というものであることを踏まえると自然と見えてきます。

 

法律によってこの総量規制が定められているということは、総量規制の影響を受ける事業者がどれだけ多くの融資をしたいと思っても年収の1/3以上を融資することはできないのです。

 

従って限度額の決め方が業者の中でどうなっていようと、年収の1/3以上の額にはならないと言えます。

 

ただこの総量規制というのは貸金業法によって定められるものであるため、貸金業法の影響を受けない銀行であれば問題は無いのではないかと言われることも少なくはありません。

 

実際これは半分合っていて、例えば年収が0円の専業主婦であっても、審査にさえ通過出来れば銀行のキャッシングを利用することは可能です。

 

ただ半分合っているというのは、いかに銀行が総量規制の影響を受けないと言っても、銀行は審査基準をかなり厳しめに設定することが多く、その中では結局年収の1/3を超えることがかなり少ないため、必ずしも年収の1/3以上を借りられるわけではないのです。


実はキャッシング審査で限度額が高くなる人を徹底リサーチ

キャッシングの新規契約をすると限度額が設定されますが、これは契約者の方で決めることはできず、審査中に各キャッシング会社が契約者の勤務先、勤続年数、年収といった属性を審査して、この金額なら返済が十分可能だろうという数字で決められます。

 

キャッシングの最大限度額が500万円や800万円と記載されていたりしますが、最初からこの金額で契約できる人はいません。

 

いくら企業が運営しているからといって、知らない人に高額な融資ができるわけではないのです。

 

知名度のある会社や年収によって変わる!?

上場企業や知名度のある会社にお勤めの属性の高い方ですと初めから高い限度額での借入に期待が持てます。

 

更にキャッシング利用後の限度額の増額審査も優位に運ぶことでしょう。

 

なぜならキャッシング審査では利用者の属性に対しての返済能力を重視して限度額の設定を行います。

 

年収があれば、仮に限度額が高くとも返済に行き詰まるリスクも軽減されます。

 

そのため属性が高く、それなりに年収が高いことは審査のハードルをグッと下げることにつながります。

 

 

限度額の決め方はどうなってるの?

限度額の決め方は各キャッシング会社によって違いますが、例えば消費者金融であれば総量規制の問題によって50万円未満、または複数社で借り入れを行っていた場合は合計で100万円未満であれば収入証明書の提出が必要ないので、この範囲で設定されるようになります。

 

実際に利用している人なら気づいているかもしれませんが、増額の申請をしなければ10〜50万円程度の範囲で限度額が設定されているはずです。これ以上の借り入れをするのであれば、長期的にキャッシングを利用して信頼を得て、そこから増額申請をすることで年収に合わせて金額が設定されるようになります

審査基準から知る銀行カードローン審査に強い人達

キャッシング,限度額,年収

キャッシングの審査基準は、多くの人が誤解しているようです。サラリーマンの人は、給料が低いので不利であると考えている人がいます。

 

たしかに、個人事業主の人などは、サラリーマンよりもはるかに高い収入を得ている人がいます。しかし、同じ年収ならば、サラリーマンやOLの人のほうが有利になります

 

なぜなら、給与所得者は雇用保険などのセーフティーネットがあるからです。

 

正社員で働いているなら、退職時に退職金が支給されます。個人事業主の人は、そういったセーフティーネットがないので、不利になります。

 

サラリーマンの人は、まずは銀行カードローンに申込みをしてみましょう。勤続年数が1年以上であるなら、審査に通過する可能性もそれなりに高いです。

 

有利なはずのサラリーマンの人で、2社〜3社の銀行カードローンに申込みをしても審査に通らなかったら、個人信用情報に問題がないかを疑ってみましょう。

 

過去のクレジットカードの支払いなどで延滞をしていると、信用情報に傷がついています。

 

また、すでに他の銀行で借りている人や、消費者金融で借りている人も、不利になります。延滞には気をつけておき、なるべく借金は1社にまとめて借りることがおすすめです


高限度額のキャッシング審査では収入証明書がマストアイテム

キャッシングはいつでも現金を借りることができ、返済も毎月の少ない出費で済むので大変便利ですが、限度額が決められているのでそれ以上の金額を借りることができないのがネックです。

 

契約者と企業との信頼によって限度額は決められているので、そう簡単に増額ができるわけではありませんが、何らかの理由によって増やしたい場合はサポートに連絡するか会員ページから申し込みをする必要があります。

 

高限度額への増額には再審査が必要!

新規契約では通常なら10〜30万円程度の限度額となっていますが、ここから増額を申請し高限度額にするには再び審査が必要になってきます。

 

総量規制の対象となる消費者金融では50万円以上または複数社にわたってお金を借りている場合は合計が100万円以上になると必要書類の提出が求められます。総量規制の対象外となる銀行では、100万円以上や300万円からなど条件によって異なるので予め確認が必要です。

 

高限度額の申請に使える収入証明書の種類

必要書類は収入証明書類となっていて、所得証明書や源泉徴収票、あるいは給与明細書が必須となります。

 

この書類は契約者が増額によって返済できるだけの能力があるかどうかを確認するためで、実際に収入を得ているのかを確認して問題がないか改めるためのものとなります。

銀行カードローンの低金利のヒミツは限度額設定にあり

キャッシング,限度額,年収

銀行カードローンでキャッシングをすると金利がかかりますが、消費者金融と比べると低金利になります。

 

これには限度額設定が関係しています。

 

金利は利用者の信用に基づいて決められますが、単独で設定されるものではなく、借り入れ限度額に連動するようになっています。

 

返済の遅延などの問題を起こさずに利用を継続し、優良な顧客であると認められるようになると、引き上げ申請して審査に通れば限度額を引き上げられることができ、このときに金利も下がります。

 

このとき、消費者金融の場合は総量規制による借り入れ額の制限があるため、どんなに利用を続けて信用を得ることができていても、年収の3分の1以上は借りることができないので、そこが借入限度額の上限になります。

 

銀行カードローンが低金利な理由

銀行カードローンは総量規制の対象外であるため、より高い限度額まで引き上げることができ、金利も低くできます

 

また、銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しくなり、安全に返済できると考えられる限度額までしか設定しません。

 

これにより、返済できなくなって貸し倒れが起きるリスクを抑えられます。そのため、利息で貸し倒れによる損失を補う必要性が少なくなるので、低金利でキャッシングできるようになっています。


借入後を考えて!低金利の銀行カードローンのススメ

一般的にお金を借りる時、消費者金融か銀行カードローンかの2択となります。

 

融資スピードは消費者金融の方が圧倒的に早く、金利面では圧倒的に銀行カードローンの方が低金利となっています。そこで融資スピードよりも低金利で借りたい方に、銀行カードローンのキャッシングの特徴を紹介します。

 

ネット銀行のススメ

申込は、ほとんどの銀行で来店不要のネット申込が可能です。

 

しかしいざ契約の段階になって、特に地方銀行などでは店舗に来店しての契約が必要となること多いことが注意点です。

 

次に金利面で比較すると、店舗を構えて営業している銀行よりも、店舗や余計な人件費がかからないネット銀行の方が低金利となる傾向にあります。

 

しかしネット銀行は、当該銀行の普通預金口座が必要なケースが多く、お持ちでなければ口座の作成が必要となる傾向が高いです。ですから口座の開設の手間や時間がかかるので、すでに口座をお持ちの方に最適です。

 

メガバンクのススメ

借入や返済は、主にATMから行うことになります。ネット銀行の場合、提携ATMの手数料がかかる場合が多いので、自前のATMを設置してある大手の都市銀行の方が手数料無料で借入や返済ができるのでお得です。

 

特にメガバンクなら、全国各地に支店や出張所があるので、借入や返済が楽に行えます。

総量規制対象外の銀行カードローンでたくさんキャッシング

キャッシングのデメリットの1つが、総量規制にあります。

 

年収の3分の1までしか借りられないので、すでに他社から限界まで借りている人は、それ以上は1円たりとも借りることができません。

 

実際に借りている金額ではなく、限度額で計算されることには注意が必要です。

 

例えば、クレジットカードにキャッシング枠がついていて、その合計が100万円あり、年収が300万円の人なら、それ以上は法律的に借りることができません。

 

その場合、キャッシング枠を減らしてもらったり、カードを解約するといった対策が必要になるでしょう。

 

銀行カードローンなら限度額も高い!?

キャッシング,限度額,年収

銀行は貸金業法は適用されず、銀行法が適用されるので、総量規制対象外です。

 

年収の3分の1を超える融資も受けられます。公務員や大企業に勤めている人は、銀行カードローンなら年収の半分を超える限度額が設定されることもあります

 

中小企業に勤めている人でも、年収が高い人なら、高い限度額で借りられる可能性があります。

 

総量規制対象外の銀行カードローンがメリットがあるのは、年収が高い人だけではありません。

 

銀行カードローンなら専業主婦でもキャッシングできる!?

無収入の専業主婦の人は、消費者金融では借りることができませんが、銀行カードローンなら問題なく借りることができます

 

限度額は50万円以内といった条件がつくことがありますが、専業主婦の人でも夫の同意なしで借りられることは、大きなメリットでしょう。

高い限度額設定は断トツで銀行カードローンが支持率高し

消費者金融の限度額は多くても500万程度の会社が多く、しかも総量規制による年収3分の1以内しか借りられないという制限があるので、実際は数十万円までのキャッシングとなります。

 

一方銀行カードローンは、限度額が最大1000万円までの会社もあり、総量規制の対象外なので、巨額のキャッシングが可能です。現在特に人気の銀行カードローンと言えば三井住友銀行カードローンで、その特徴を紹介します。

 

三井住友銀行カードローンの特徴

まずは基本スペックとして、融資限度額は800万円で、金利は年4%〜14.5%の変動金利となっています。三井住友銀行カードローンは、契約限度額が大きくなるほど金利が安くなるので、おまとめや借り換えローンとして最適です。

 

また、三井住友銀行カードローンなら、銀行内にあるローン契約機を利用することで、原則土日・祝日でも21時までの申し込みが可能です。

 

申し込み後審査回答を最短30分でもらえるので、即日キャッシングも可能です。また申し込みには、当行の口座は不要です。

 

さらに300万円までの申し込みなら、年収を確認できる書類の提出は不要で、運転免許証や健康保険証などの身分証だけで大丈夫です。

 

300万円まで確認書類の提出が不要ということは、裏を返せば高年収なら更なる高い限度額の借入に期待が持てるということですね。

 

最後に三井住友銀行カードローンは、キャッシングや返済時のAT手数料が無料で利用できます。

 

当行ATMだけでなく提携コンビニATMでも、何度利用しても手数料がかからないところも見逃せないポイントです。